『僕が旅人になった日』を発売しました! 2020/09/16

9/16(水)、ライツ社の新刊『僕が旅人になった日』(TABIPPO)が発売されました。

制作が始まったのは、2019年5月。当初、春頃発売予定だった出版日も延びに延びて……この頃には、自由に世界を旅することができない日々が訪れてしまうなんて想像もしていませんでした。

画像1

画像6

note公式お題企画「#旅とわたし」から生まれた一冊

この本は、note公式お題企画「#旅とわたし」に投稿された4,000件以上の作品をもとに生まれた一冊です。

一人旅、世界一周、海外移住、ホームステイ、野宿、巡礼、帰国子女、 登山、カヌー下り、自転車旅、大陸横断、働きながら旅をする…… あらゆる形で世界中を旅した、20人の旅のストーリーがまとまっています。

たくさんの旅人が世界中を飛び回っていた、以前の世界を思い出しながら、20人の旅のエッセイを読み返すと、自分が旅人になった日のことを思い出しました。

それは、飛行機に乗って初めて一人旅に出た日のことかもしれないし、夜行バスに乗って上京したあの日かもしれない。noteにいちばん最初の記事を投稿した日のことかもしれないし、転職を決意したあの日かもしれない。
ただ1つ同じなのは、胸を奮わせながら、足が震えながらも、まだ知らない世界へ一歩を踏み出した日だということ。

誰しもにあるはずのその日を思い出してもらいたい、あるいは、その日に向かって一歩を踏み出してもらいたい。出版日を迎えたいま、そんなことを思っています。

画像9

人生を世の中のせいにできるのは、いつまでだろう?

本の帯に書いた言葉です。

世界が大変だ。世の中が大変だ。人生って大変だ。でも、生きるのは最高だ! きっと「旅人になった日」って、もう誰のせいにもしないで、自分の頭で考えて、自分の足で歩き出した日なんだ。

そんなことを4000件以上の作品、20人の旅人のみなさんから教えられました。そんな気持ちを、帯の言葉に込めました。

画像2

画像3

画像4

冒険を奪われた時代に生まれて。世界一周をして見た戦争と平和。異文化の洗礼。死に方さえ決して平等じゃない社会。つながらないWi-Fi。崩れ落ちた偏見のかたまり。

日本人のたった23%しか知らない、世界をめぐる旅の本。本日より全国書店・ネット書店にて発売開始です。ぜひご覧ください。

世界の緊張が収束し、また自由で穏やかな時代が来ることを願いながら。


連続トークイベント「いつもより具体的な本づくりの話を。」に登壇します! 2020/09/10

東京、田原町駅から徒歩2分の書店「Readin’ Writin’ BOOK STORE」さん主催のトークイベントに代表の大塚が登壇します。

聞き手は百万年書房の北尾修一さん。連続トークイベント「いつもより具体的な本づくりの話を。」の第4回です。

 

以下、Readin’ Writin’ BOOK STORE HPより転載


この先、これまでの出版業界が壊れることが確実な2020年だからこそ、「業界」の話ではなく具体的な本づくりの現場の話が聞きたいし、したい、と思いました。
つまり、この会では大きな話はNGです。日々の本づくりの小さなこだわりに着目して、そこをぐぐーっと掘り下げていきます。
具体的に言うと、「いつも良い本・雑誌を作っているなあ」と私(=百万年書房・北尾修一)が注目している編集者を毎月ゲストに迎えて、その仕事のディテールに着目し、同業者だからこそできる質問をぶつけて、実践的な本づくりのテクニックを聞き出す会にします。
同じ映画を観ても実際に映画を撮っている人じゃないとわからない楽しみ方や、同じ料理人じゃないと気づかないシェフのこだわり、そんなものはどの職種にもきっとありますが、その編集者ヴァージョンみたいな会になれば、と考えています。
毎回のゲストや取り上げる本は「現役」「現在進行形」がマストです。私の中でレジェンドとなっている編集者や過去のベストセラーはいくらでも思いつきますが、今回のシリーズでは外します。
つまり、結果として現役編集者の人たちが翌日から仕事に役立つ話が聞ける会になるのではないかな、と。
ただし、その結果、「プロ編集者限定」「一見さんお断り」の会になるとは考えていません。著者、デザイナー、校正者として本づくりに関わりたい人や、将来編集者を目指す人にとっても、この会で交わされる実践的な話はヒントになるはずです。
で、最後に。 これは個人的なことですが、ひとり出版社なんか立ち上げてしまったもので、最近は資金繰りや在庫の数を考えることの方が多くなりつつある今の私にとって、結果的にこれが月に一度のリフレッシュ&友だちづくりの機会になるといいなー、という「一石二鳥」も密かに狙っています。

ゲスト:大塚啓志郎(ライツ社 代表取締役/編集長)
聞き手:北尾修一(百万年書房代表)
日 時:2020年10月28日(水)開場18:30/開演19:00
会 場:Readin’Writin’ BOOKSTORE(東京メトロ銀座線田原町徒歩2分)
参加費:1500円
ご参加をご希望の方は、お名前、連絡先を明記のうえ、readinwritin@gmail.comまでお願いします。
大塚啓志郎(おおつか・けいしろう)ライツ社 代表取締役/編集長 1986年生まれ。2008年、京都の出版社に入社。編集長を務めたのち30歳で独立。2016年9月、地元である兵庫県明石市でライツ社を創業。 編集した近刊は『DRAG QUEEN』(ヨシダナギ)、『売上を、減らそう。』(中村朱美)。『リュウジ式悪魔のレシピ』(リュウジ)は、「2020料理レシピ本大賞 in Japan」受賞。 最近嬉しかったことは、日本テレビ「シューイチ」にて、カズレーザーさんに『毎日読みたい365日の広告コピー』を紹介してもらえたこと。

 

 


料理レシピ本大賞受賞!『リュウジ式悪魔のレシピ』 2020/09/09

9月8日に発表された、料理レシピ本大賞 in Japan 2020において『リュウジ式悪魔のレシピ』が【料理部門】大賞に選ばれました!

応援してくださった皆さま、ありがとうございます。

そして、重版も決まり15刷18万8千部突破となりました!

【第7回 料理レシピ本大賞 各賞受賞作品】

 


14刷決定!『毎日読みたい365日の広告コピー』 2020/08/19

『毎日読みたい365日の広告コピー』の14刷が決定しました。

累計6万7,000部です!

多くの書店さまで大きくご展開いただいております。ありがとうございます!


創業して初めて、書籍編集者を募集します。 2020/08/07

ライツ社は、2016年9月に創業した、いま日本で最も新しい出版社の1つです。拠点は、タコと明石焼きで有名な兵庫県明石市にあります。(でも、東京でも全国どこでもリモート可!)

 

これまでの刊行点数は4年間で26点。うち、10万部以上が1点、5万部以上が2点、3万部以上は3点。そして重版率は65パーセントです。各ジャンルの書籍グランプリでも2度、入賞しています。

 

実用書、ビジネス書、芸術書、文芸エッセイ、コミック、人文書、地図ガイド……ほか。ジャンルにとらわれることなく、社員5名で年間6〜7点ほど、自分たちが本当におもしろいと思う本だけを出版しています。

 

ライツ社は9月で5年目を迎えますが、これまでの出版活動を通じて経験したことは、自分たちが心からおもしろいと思った本を、全力でつくり、全力で広げる努力を怠らなければ、まだまだ本は売れる。出版っておもしろい!という実感でした。

 

「write,right,light. 書く力で、まっすぐに、照らす。」を合言葉に、これまでと同様、そしてこれまで以上に、まだ見たことのない、人の心を照らす本づくりができる編集者を募集します。

 

●なぜ募集するのか?

ライツ社では、特にこれから出版していきたい本があります。それは「絵本」「小説」です。

弊社の営業がある日、こんなことを言っていました。

 

「想像力が足りないときに問題が起こると思うんです。
想像力さえあれば、この世の中はもっと良くなるんじゃないかって」

 

わたしたちは、「本」以上に想像する力を育むものを知りません。「本」以上に人生を変えるものを知りません。そして、「本」以上に世界に言葉を残していく術を知りません。

 

ライツ社からまだ出版したことはありませんが、100年読み継がれていく絵本や小説を出していきたい。だから、そんな本をつくってくれる編集者を募集します。

 

●募集職種:書籍編集 1名(ジャンル不問)

 

ジャンル問わず、編集経験が1年以上ある方
【歓迎】絵本、児童書、小説、翻訳本いずれかの編集者

 

現在の社員構成は、編集2名、営業2名、営業事務1名です。

 

●選考方法:書類選考→面接
(面接は、ご希望の場所まで伺います)

下記のフォームに必要事項を入力の上、お送りください。申し訳ございませんが、2週間以内に書類選考を通過された方にのみご連絡いたします。

https://docs.google.com/forms/d/1QUMZ1WNxPiQPQx8BEQrs3ZoWmsBHQehYBnVSK8-nDXA/

 

●書類選考の応募〆切:2020年8月31日(月)

※延長する場合もあります

 

●給与・賞与・勤務地について

給与:経験により応相談
昇給:年1回

賞与:年1回(業績による)
※過去実績 最小「なし」〜 最大「12ヶ月分」 毎年、実績に合わせて売れた分だけ最大限還元します。

勤務地:全国どこでもリモート可(本社は兵庫県明石市です)【歓迎】関西へのUターン
※現在は関西(兵庫・大阪・京都)で4名、東京で1名が働いています。

最寄駅:JR明石駅(から徒歩7分)
京阪神から意外と近く、神戸駅から電車で12分、大阪駅から40分、京都駅から1時間10分。隣駅は新幹線が停まる西明石駅、また神戸空港も近いので東京へのアクセスも便利です。

 

●勤務時間・本づくりについて

勤務開始日:ご都合に合わせます(試用期間3ヶ月)

勤務時間:9時〜17時 or 10時〜18時(休憩1時間)
※特別なことがないかぎり、基本的にみんな定時前後で帰っています。
休日・休暇:完全週休2日制(土日)、祝日、GW・お盆・年末年始休暇(今期の年間休日日数は127日)、有給休暇
福利厚生:社会保険完備、財形、人間ドッグほか

本づくりについて:「出版点数のノルマ」も「ジャンルの制限」もありません。弊社にあるのは、「自分がおもしろいと心から思い、それが世の中を照らす企画なら出せる」という環境です。そして、「誰かがおもしろいと思った企画を最大限多くの方に届けられるよう、一緒に磨き、努めることができる仲間」です。

 

●問い合わせ先

採用担当:大塚 啓志郎(おおつか けいしろう)
info@wrl.co.jp / 078-915-1818

画像1

ライツ社について>

●主な出版実績

画像2

 

・リュウジ式悪魔のレシピ(リュウジ)【14刷12万3千部】※日販・トーハン2020上半期ベストセラー(実用書部門)ランキング入り
・売上を、減らそう。(中村朱美)【10刷5万6千部】※読者が選ぶビジネス書グランプリ2020 イノベーション部門 受賞
・HEROES(ヨシダナギ)【6刷9千5百部】※12,000円の高価格にもかかわらず、紀伊國屋書店新宿本店で1ヶ月270冊売れを記録
・毎日読みたい365日の広告コピー(ライツ社)【14刷6万7千部】※Amazon総合1位獲得(2020年7月26日)
・全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ(本山尚義)【9刷4万3千部】※料理レシピ本大賞2018 in Japan 特別選考委員賞受賞
・人生を狂わす名著50(三宅香帆)【4刷1万1千部】※2018年某書店チェーン「ブックガイド」年間ランキング第1位

 

●営業・販売促進について

・1点1点に時間をかけて案内する
・店頭で大規模な仕掛け展開を狙う
・SNSで話題をつくる
・メディアでたくさん取り上げてもらう
・長く売り続ける

 

小さな出版社ですが、各主要取次と契約しています。年間に6〜7点と絞りに絞った出版点数のため、1冊に多くの時間をかけて営業・販促を行うことができます。そのため、書店とコミュニケーションを取る時間を十分に確保でき、店頭で大規模な仕掛け展開をしていただけることが特徴です。

 

画像3

画像4

画像5

画像6

また、SNSで話題となる仕掛けをつくることで、テレビをはじめ、新聞・ラジオ・ウェブメディアなどに多数取り上げられているのも特徴です。結果、重版率65%という業界平均を大きく上回る実績をつくれています。

 

<直近3年の主なテレビ紹介実績>
・TBS系列
「王様のブランチ」「クレイジージャーニー」「世界ふしぎ発見!」「あさチャン」「ちちんぷいぷい」など。
・フジテレビ系列
「めざましテレビ」「新説!所JAPAN」「ウワサのお客さま」「Live News it!」「報道ランナー」など。
・日本テレビ系列
「シューイチ」「ヒルナンデス」「行列のできる法律相談所」「ZIP!」「す・またん」など。
・テレビ東京系列
「ソクラテスのため息」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」など。
・テレビ朝日系列
「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」「激レアさんを連れてきた」「お願いランキング」「おはよう朝日です」など。
・NHK
「おはよう日本」「あさイチ」「SWITCH」など。

 

また、発売から1年以上経ったあと重版した書籍も半数近くあり、読者に必要とされる書籍は、長く営業・販促をしていくことも特徴です。

 

●これまでしてきたこと(一部抜粋)

紀伊國屋書店新宿本店で、12,000円の写真集が1ヶ月で270冊完売した理由

初版たった4,000部だったレシピ本が「料理レシピ本大賞」を受賞するまで

「一度は読んでほしい」小さな出版社のおもしろい本2019

明るい「出版業界紙」をnoteで始めます

社員5名の小さな出版社の本が、カズレーザーさんに紹介されて、Amazon総合1位になった話

 

●(おわりに)なぜライツ社を立ち上げたのか

※HP代表挨拶より転載

2016年9月7日、出版社を設立しました。

 

コーポレートサイト、というわけで、だれに向けて言葉を書けばいいのか難しいですが、大切なことは創業した今の気持ちを忘れないことだと、ふと思ったので、立ち上げにあたっていただいた言葉を一部ここに書き留めておくことで、代表挨拶に代えさせていただきます。

 

「おじさんはやめておいたほうがいいと思うなあ。一時よくても、続けるのは大変だぞ。毎年がギャンブルだ。お金のプレッシャーを感じるとつくる本がおかしくなっていく」(某出版社の取締役)

 

「ぼくは嬉しい。こんな時代にこんな無鉄砲な人たちがまだいたんだって」(広島の書店員さん)

「大丈夫、わたしたちのグループが続かせる」(京都の書店マネジャー)

「仕事ゼロになって会社潰れてピンチになったら転職先一緒に探しますからね!笑。まぁ、冗談はさておき本当に応援しています!お互い、世の中をより良くするために異なるアプローチで努めていきましょう!」(作家さん)

 

ほかにも、たくさんの言葉をいただきました。
また、創業メンバーとなってくれた2人は、こう話してくれました。

「ここには夢があります」
「ここで働くことを断る理由があるとすれば、何か決定的にダメなことがあれば……と思いましたが、何もありませんでした」

これから、わたしたちがつくっていく本は、旅の本、物語の1ページ目となる本、小説、図鑑、実用書、知らないことが身近になる本、などさまざまです。

ですが、出版業をとおして、やりたいことはひとつです。

 

「write」「right」「light」。
書く力で、まっすぐに、照らす。

 

本とは、凍りついたこころを解(と)かす光です。
それは、人が悩みもがくときに導いてくれる明かりかもしれないし、新しいアイデアが浮かぶ瞬間のひらめきかもしれない。その胸の中に生まれる小さな火かもしれないし、温かい木漏れ日や友達の笑い声のようなものなのかもしれない。
そう考えています。

 

ライツ社を一緒に立ち上げた営業マンが言っていました。

 

「2016年9月7日の夜は雷雨でした。この時代に出版社をつくるということは、雷雨の中歩き出すようなものだとはわかっています。ただ、悩みましたがやっぱり僕は、自分がおもしろいと思える本を、好きな場所で好きな仲間とつくり、大好きな本屋さんに届けて、読者に読んでもらいたい」

 

わたしたちが挑戦し続けること自体が、多くの方にとって明るいニュースになることを信じて。

 

「write」「right」「light」。
書く力で、まっすぐに、照らす。

 

もしも今日のみなさんの一日が設立の夜のような雨の日のありようだったとしても、3つのライトでそのこころを照らしたいという気持ちを掲げて、「ライツ社」は始まりました。

 

大塚啓志郎

 

一緒に本をつくり、売り、広められることを楽しみにしています。