僕が旅人になった日 → amazon 


編者:TABIPPO
定価:1500円+税
判型:四六判並製
頁数:384ページ
発刊:2020年9月16日
ISBN:9784-909044-27-3

内容

noteで話題沸騰となったお題企画「#旅とわたし」に投稿された4,000件以上の作品が、ついに書籍化!

人生を世の中のせいにできるのは、いつまでだろう?

冒険を奪われた時代に生まれて。世界一周をして見た戦争と平和。
異文化の洗礼。死に方さえ決して平等じゃない社会。
つながらないWi-Fi。崩れ落ちた偏見のかたまり。
日本人のたった23%しか知らない、世界をめぐる旅の本。

【編者累計30万部突破! 】
【4年ぶり! 待望の心震わされる旅エッセイ! 】

一人旅、世界一周、海外移住、ホームステイ、野宿、巡礼、帰国子女、 登山、カヌー下り、自転車旅、大陸横断、働きながら旅をする…… 。
この本は、あらゆる形で世界中を旅した、20人の旅のストーリーをまとめた一冊です。

著者情報

世界一周の旅を経験した旅人が、日本に旅を広めるために作った学生団体。2014年に法人化。「若者が旅する文化を創る」「旅で人生が豊かになる仕組みを創る」をミッションに、旅情報満載のウェブメディア「TABIPPO.NET」の運営をはじめ、旅人が講師となって年間200種類以上の講座を行う「旅大学」、毎年7,000名以上が集まる野外フェス「PEACE DAY」、全国9都市で1万人の学生が参加する旅イベント「BackpackFESTA」など、さまざなま事業を展開している。編著は累計30万部を突破。