ヨシダナギ写真集『HEROES』の予約が開始されました 2017/08/17

※※※表紙画像は、使用写真・デザインともに予約販売用の「仮」の表紙です※※※


1st作品集『SURI COLLECTION』から約2年。
2ndにしてBEST作品集となる『HEROES』、ついに予約開始!

世界中のヒーロー(少数民族)を撮影し続けるフォトグラファー
「ヨシダナギ」の集大成となる一冊!

予約はAmazonにて受付中

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909044132/


5歳の頃、テレビで観たマサイ族の姿に強く魅せられた少女、ヨシダナギ。
それから20数年。
大人になった彼女が独学で学んだカメラを片手に、その足で出向き、その目で切り取った、地球上に今なお現存するヒーロー(少数民族)たち。

「ハゲワシと少女」に象徴される“救うべき”アフリカではなく、母なる大地とその下に暮らす生命力溢れるアフリカの少数民族。

未開の土地に住む野蛮な人ではなく、太古から伝わる伝統を現在にいたるまで保ってきた誇り高きオセアニアの少数民族。

そんな生命力と誇りに満ち満ちた“かっこいい”ヒーロー像として、世界の少数民族の存在を届けたい。

多様な環境で、伝統の暮らしを継承し続ける民族の最高の姿を引き出すため、ともに笑いながら食卓を囲み、時には嬉々として同じ姿になった。

*
2017年5月30日~6月26日にかけて西武渋谷店で開催され、1万人以上を集客して話題となった「ヨシダナギ写真展 HEROES」にて発表された作品をはじめ、未発表の作品を多数収録。
(発売までに、今後も新たな民族の撮影ロケを敢行予定)

・【初版限定特典】すべてに直筆のシリアルナンバーとサイン付き。
・写真集のサイズは、B4サイズ(横257 × 縦364ミリ)の「超・大型版」。
・ページ数は128Pに及び、多くの写真とともに、ヨシダナギ自身の手によって書かれた、今まで語られることのなかった撮影手記も掲載。

*
【ヨシダナギからのメッセージ】

わたしたちと同じこの時代に存在しながらも、神話の中から出てきたように美しく、誇り高いヒーローたちの姿をみなさまにお届けしたいと思います。
そして、そんな彼らをすこしでも近くに感じてもらえるのならば、ヨシダはうれしゅうございます。

【収録予定内容(一部抜粋)】
※2017年8月現在の情報です
妖精のようにファッショナブルな民族、スリ族(エチオピア)
勇猛果敢なアフロの戦士、アファール族(エチオピア)
数万個の昆虫の頭でできた帽子を被る、カラム族(パプアニューギニア)
赤土を全身にまとった美しき裸族、ヒンバ族(ナミビア)
1974年に外部と初接触をした謎多き、エナウェネ・ナウェ族(アマゾン) etc..
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年8月以降も世界各地への撮影ロケを続けるため、発売は2018年4月を予定しておりますが、多少変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


出版社からのコメント

印刷・製本は、木村伊兵衛賞受賞作品をはじめ数多くの写真集を手がける京都の老舗美術印刷会社サンエムカラー。
デザインは、国際アートフェア「UNKNOWN ASIA」のアートワークなどを手がける京都のデザイン集団UMMM(ムム)。

ヨシダナギさんの写真の魅力を最大限に引き出すため最高の職人たちにその制作をお願いしました。

1st作品集『SURI COLLECTION』に続き編集を担当させていただけることを心から光栄に思います。

ご期待ください。

ライツ社 大塚 啓志郎

 


著者について

ヨシダナギ(Nagi Yoshida)

1986年生まれ、フォトグラファー。
幼少期からアフリカ人へ強烈な憧れを抱き「 大きくなったら彼らのような姿になれる 」と信じて生きていたが、自分は日本人だという現実を10歳で両親に突きつけられ、挫折。
その後、独学で写真を学び、2009年より単身アフリカへ。アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、発表。その唯一無二の色彩と生き方が評価され、TBS「クレイジージャーニー」をはじめ、雑誌「Pen(ペン)」に[写真家ヨシダナギが案内する、美しいアフリカ]として特集されるなど、メディアに多数出演。
2017年には日経ビジネス誌「次代を創る100人」に選出される。
同年、講談社出版文化賞(写真部門)受賞。
著書に、世界一ファッショナブルな民族「スリ族」を収めた写真集『SURI COLLECTION』(いろは出版)、 アフリカ渡航中に遭遇した数々のエピソードをまとめた紀行本『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』(扶桑社)がある。


『大切なことに気づく 引き寄せの旅』を出版しました 2017/07/29

「引き寄せ」×「旅」

「不幸な現実が起きてから、“変わりたい”と願う。
しかし、その繰り返しだと、後悔のない人生を生きるには、
いつも“ちょっとだけ間に合わない”のです。」本文より

そうならないために、
人生を意図的に好転させることができる「引き寄せの旅」のレシピ
をまとめた一冊です。

【世界50カ国を旅したベストセラー作家から、願いを現実にしたいあなたへ】

世界中の「絶景パワースポット写真」と
奇跡が起こり始める「18のメッセージ」

【山﨑拓巳より】

わたしたちの人生は、
えてして、「つい降り忘れてしまう高速道路」のようになりやすいものです。
50歳になったら、本来やりたかった生き方をする、
55歳になったら。60歳になったら。
と言いながら、わたしの父は69歳で他界しました。
「あ、今出口だった」、「しまった」と言うけれど、もう戻れない。
人生もまさにそれと同じことの繰り返しなのです。

あなたは、「3つの大変」を経験したことがありますか?
1つは、大きなお金のトラブル、1つは、大きな人間関係のトラブル、もう1つは、身近な人の死。
それによって、自分の人生が大きく変わるので「大変」と書きます。
自分の身に「大変」な現実が振りかかって、
初めて、わたしたちはそもそも自分はどうやって生きたかったのか、
本当に欲しい現実はなんだったのか、といった、「本来の願い」を考えようとします。

そのような願いを考えることこそ「引き寄せ」のはじまりです。
ですが、なかなか普段の暮らしの中で、そもそも自分はどうやって生きたかったか、
といったところまで考えを巡らすことは難しいですよね。
昨日やり残したこと、今日やらないといけないこと、明日のためにやっておきたいこと、
に、時間をかけているだけで、十分、人生は埋まっていきます。
そうこうしているうちに、本当に大変な「不幸な現実」が来てしまう。

そこから「自分を変えたい」「現実を変えたい」と願っても、ちょっと遅すぎるのです。
ならば、そうなってしまう前に
自分で意図的に「転機」をつくってしまった方がいい。
そう思いませんか?

わたしたちが意図的に自分の人生を好転させる方法、その1つが「旅」なのです。
運気を上げよう、とあれこれ行動する前に、
旅に出て、まずは「日常」からあなた自身を抜け出させてあげましょう。

旅は「 引き寄せの法則」 をもっとも簡単に取り入れる古来からのシステム。
あなたが望む、より好ましい現実を手に入れることができる状態になるまで
あなたの心を洗い、人生を整えてあげる時間。大切なことに気づく時間。
そのための旅をわたしは「 引き寄せの旅」と呼んでいます。
この本では、
・なぜ今あなたのまわりには「いいこと」が起きないのか?
・そもそも、引き寄せの法則とはなにか?
・引き寄せの旅とは、どんな旅なのか?
・そして、今日からあなたはなにをすべきなのか?
についてお話しするのはもちろんのこと、

この本を読む時間そのものがまるで、引き寄せの旅の「疑似体験」になればと思い、
世界中の絶景や美しいパワースポットの写真の上にわたしからのメッセージを載せました。
人生に傷を持つすべての人へ。それでも、人生を好転させたいと願うあなたへ。
この本にある1つひとつの言葉が、大切なことに気づく、きっかけとなりますように。
「引き寄せの旅」が起こす奇跡のような体験が、どうか、あなたの願いを現実にしますように。

【出版社からのコメント】

実は、世界50カ国を巡った旅人でもある山﨑拓巳さん。
本書は、その豊富な旅の経験と、
『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)などにある引き寄せメソッドを
組み合わせて生まれた「引き寄せの旅」のレシピをまとめた、
著者初の「旅の本」です。

この本を読んで、「引き寄せの旅」に出てくださることはもちろんですが、
「なかなか旅には行けないよ」という方でも、読むだけでも旅を疑似体験できるよう、
「普段は本を読まないよ」という方でも、すんなり本の世界に入っていただけるよう
写真と言葉でパラパラ読める構成にしました。

山﨑拓巳さんの珠玉のメッセージを、ウユニ塩湖やテカポ湖、セドナやバリ島など
世界中の絶景パワースポット写真に載せてお楽しみください。


 


cakesで『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』の連載を開始しました。 2017/07/25

cakesで『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』の連載を開始しました。

 

https://cakes.mu/posts/16972

 

紙の本、電子書籍でもお楽しみいただいていた本書が、cakesでも読めるようになります。
これから毎週、火曜日・水曜日の更新となります。まだ本書をお読みでない方はぜひこちらでお楽しみくださいませ。

 


 

cakesとは、読者とクリエイターをより身近に結びつけ、コンテンツとのまったくあたらしい出会いの場を提供しているデジタルコンテンツ配信プラットフォームです。
cakesには無料で楽しめる記事がたくさんあります。まずはそちらからお試しいただければと思いますが、有料会員(1週間150円)になるとすべての記事がお読みいただけます。ペットボトル1本分の値段で、お申し込み日から1週間、コンテンツを好きなだけお楽しみいただくことができます。

 

「cakesの使いかた」より引用

メディア産業の総合専門誌「文化通信」にライツ社を紹介していただきました。 2017/07/21

文化通信(文化通信社)にライツ社が取り上げられました。

=========================================================================
【明石で創業の出版社】
『編集者と営業担当がペアで起業』

兵庫県明石市にある出版社ライツ社は、いろは出版(京都市)の出版事業部で編集者だった大塚啓志郎(30歳)と、営業担当だった高野翔(33歳)の両氏が昨年9月に創業した。―(続く)
=========================================================================
文化通信(文化通信社) 2017年7月17日  より引用

 


【お詫びとお知らせ 】『大切なことに気づく 引き寄せの旅』 2017/07/19

7月21日(金)に発売を予定させていただいておりました 『大切なことに気づく 引き寄せの旅』につきまして 誤植が見つかり、発売を延期させていただくこととなりました。

現在、至急の修正・印刷を行なっておりますが、 当初の予定より約1週間遅れの【7月29日(土)】発売となります。 また、発売前に実施しておりましたキャンペーン結果のご連絡につきましても 同様に延期とさせていただきます。

発売直前のご案内となってしまい、 ご予約をいただいた皆さま、今週末の発売を楽しみにしていただいていた皆さまに、 多大なるご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。

何卒ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

株式会社ライツ社


山﨑拓巳さんの『大切なことに気づく引き寄せの旅』予約開始! 2017/07/05

『やる気のスイッチ! 』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ! 話し方』(かんき出版)などで話題の山﨑拓巳さんの新刊『大切なことに気づく引き寄せの旅』(7月21日発売)の予約が開始されました!

この本のご予約はこちらから↓(Amazonへ)
https://www.amazon.co.jp/dp/4909044051/

 

さらに、発売に先駆けて、試し読みキャンペーンを開催します!

下記リンク先の試し読みの感想をシェアすれば、特装の限定版キラキラ☆ラメコート表紙versionが抽選で当たります。

詳しくはこちらの試し読みページ下部へ

(試し読みは随時アップされていきます)

https://note.mu/wrl/n/n17d81810ca1b


3刷出来!『大切なことに気づく365日名言の旅』 2017/07/05

『大切なことに気づく365日名言の旅』の3刷が出来上がりました!

みなさまのおかげでぐんぐん売り上げを伸ばしています。

 

長い期間、書店様でもご展開いただき、ありがとうございます。

これから夏のおでかけの時期にぴったりな本です。

引き続きご愛顧いただけましたら幸いです。


発売決定! 『大切なことに気づく引き寄せの旅』山﨑拓巳 2017/06/23



お知らせ内容はこちらへ
https://note.mu/wrl/n/n5cfa6d5e00bd

ライツ社からのおたよりができました 2017/06/12

ライツ社のことをもっと皆さんに知ってもらおうと、ライツ社からのおたよりを作りました。

「海とタコと本のまち」らしくて、明石の空気感が漂ってくるような表紙になっています。

イベントなどで見かけたらぜひ手にとって見てくださいね。


【メディア掲載】HONZに『モバイルボヘミアン』の記事が掲載されました。 2017/06/05

厳選された読み手が「おすすめ本」を紹介するサイト「HONZ」にて『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』が紹介されました。

書き手は経済・ファイナンス分野に精通されている堀内 勉さんです。端的にモバイルボヘミアンで伝えたいことをすくい取ってご紹介いただいています。ありがとうございます。

 

HONZ紹介ページ
http://honz.jp/articles/-/44096